人気のカラコンを徹底比較

カラコンの上手な入れ方とコツ

カラコン初心者の方は、カラコンを入れるときにうまく入らない、といった経験が少なからずあるのではないでしょうか。 時間がないときに限ってうまく入らなかったり、何度も入れなおしているうちに目が充血してきたりと、そういった経験はありませんか? 今回は、そんなカラコンの上手な入れ方、そしてコツをお話したいと思います。

カラコンがうまく入れられない原因は?

カラコンは通常のコンタクトレンズよりも柔らかめでふにゃふにゃしている商品が多いです。 ですので、指先からうまく離れずに失敗をするケースが多いと思います。

うまく指先からレンズが離れず、目の中に入れようとした瞬間、落としてしまう、まつげについてしまう、など悪戦苦闘することもあるでしょう。

また、カラコンの裏表が逆になっている場合は、目に装着しにくくなります。 必ず、指先の上にのせ、きちんとおわん型になっているかどうか確認をしましょう。

カラコンを上手に入れるコツは?

1、レンズについている水分をできる限り落とす

カラコンを上手に入れるコツは、まずカラコンをケースなどから取り出した際、水分を付けすぎないことです。 水分が着きすぎているレンズは、なかなか指から離れません。 ましてや柔らかめに作られているカラコンですので、レンズについている水分が多いと指先から離れにくいのです。 ですので、できる限り水分を落としてからカラコンを装着してみてください。

2.鏡を使って正面を向く

装着の際は、必ず鏡の前に立ち、まっすぐに正面を向いてから入れてください。 片方の手でレンズを入れるほうのまぶたをしっかりと見開き、片方の手で黒目の上に装着します。 このとき、目の方向はまっすぐです。

3.装着後はまばたきをして馴染ませる

カラコンを装着した後は、ゆっくりとまばたきをして、目の中で馴染ませます。 こうすることにより、たとえレンズと目の間に空気が入ってしまったとしても、少しなら気泡が消えて目に馴染んできます。 このように、カラコンを入れる際はちょっとしたコツに沿って入れると、簡単に装着することができます。 カラコンがうまく入らないとお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

カラコンお役立ち情報

ブランド